『不審なアクティビティの為Windowsがブロックされました』ニセ警告メッセージへの対策

危険なワンクリックサイト
この記事は約3分で読めます。

ネット閲覧中に突然警告音と共に
『不審なアクティビティの為Windowsがブロックされました』
など不安を煽る警告メッセージが表示される通称『➡偽警告』の存在を知っていますか?

『偽警告』に関する相談はIPA 独立行政法人情報処理推進機構数多く寄せられ
右肩上がりで増加傾向で、今年に入ってからも被害相談は続いているそうです。

慌てるユーザーは記載される番号に電話をかけることとなります。
こうして電話をかけさせ遠隔操作によるサポートを行うふりをして
代金を支払わせると言う新たな『偽警告』と言う詐欺被害が続出です。

マイクロソフト社のWebサイトに酷似した
画面上に警告メッセージを表示する新たな手口の
キャプチャー画像をご覧ください。

マイクロソフト社のWebサイトに酷似した画面上に警告メッセージ

ブラウザを終了させたくてもタブを閉じたくても
わずらわしいダイアログの表示によって一気に意気消沈

[OK] や [キャンセル]ボタンを押しても
永遠に同じポップアップが表示されたままとなります。

ウザい『プ~プ~プ~』と鳴り響く警告音がだんだん正気を失わせます。

消えない偽警告ページ₊警告音の消し方

ブラウザに表示されてる偽警告ページの消し方は単純で
すぐ消すことができますので慌てず行動してください。

まず最初にパソコン画面下の
青い帯状になっているタスクバーにマウスを置きます。
次にタスクバー上で右クリック、又はCtrl + Alt +Del キーの
同時押しからタスクマネージャーを起動させます。

以上の手順を踏むことでブラウザが強制終了しますので
鳴り響く警告音などから問題なく即解決しますのでご安心下さい。

警告が本物かどうか確かめる方法

マイクロソフト社のWebサイトに酷似した画面上に警告メッセージ

マイクロソフト社の公式ホームページは
安全性の高い「➡SSL暗号化通信されたHTTPS」で始まる
錠前マークが表示されtたURLになっています。

なので簡単に偽物か本物かを見極める際には
HTTPSで始まるアドレスになっているか確かめるだけで
詐欺被害から未然に守れるので覚えておいて損はしません。

動画像を見ようとしたらなんの説明もなく突然料金請求画面に!

いわゆる「ワンクリック請求」をする詐欺サイトにアクセスした可能性が十分あります。
問い合わせで表示されている連絡先にメールや電話を絶対にしてはいけません。
ワンクリック請求詐欺サイトに関して、あまり認識が無いとおっしゃるあなたは
まずはYahoo!知恵袋で『アダルトサイト』と検索して現状を把握してください。

如何に引っかかる人が多いのかがご理解いただけることと思います。
ワンクリック請求被害の届出件数や誘導の手口。
ブログやSNSを通じた新たな手口、ワナにかからないための予防策など
感染後の復旧方法等、ニュースの報道特集番組形式でキャスターが詳しく解説した
YouTube動画をご覧になってください。

ワンクリック請求の対処方法と消えない請求画面の削除方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました