httpsとは?|危険な詐欺サイトから身を守る手がかり

危険なワンクリックサイト
この記事は約4分で読めます。

httpsとhttpの違いって何?

「https」は「Hyper Text Transfer Protocol Secure」の略
わかりやすく表現するならば
「安全に施錠したハイパーテキスト移動手続き」となります。

簡単に言えば『コンテンツをブラウザで安全に表示させよ』と言うことです。

さらに大切な個人情報などのデータは
SSL暗号化通信されるので盗み見られても解読できず
安全に保護されているわけです。

ちなみにSSL(Secure Socket Layer)とは
インターネット上でやりとりされるデータの「盗聴」「改ざん」「なりすまし」を
防止するための暗号化プロトコル(通信方法)のことを言います。

「http」は「Hyper Text Transfer Protocol」の略。
日本語でわかりやすく表現するならば「ハイパーテキスト移動手続き」となります。
「ハイパーテキスト」とは、ブラウザで表示されるコンテンツのこと。

簡単に言えば『コンテンツをブラウザで表示させよ』と言う命令です。

例えば「MGS動画の支払いはBitCash「ビットキャッシュ」が超便利!」と言う
当ブログのコンテンツのURLはhttp://pacopacomanko.xyz/bitcash/ですので
このURLはドメイン「pacopacomanko.xyz」からコンテンツページ「bitcash」を表示させよと言う意味になります。

このページには大切な個人情報は入力しませんのでhttpでも問題がないのですが
大切な個人情報を入力するページとなるとそうはいきません。
外部の人から簡単に盗み見されるようなページになっていてはダメなのです。

もっとわかりやすく表現するならハガキと封書の違いです。
ハガキは第三者に読まれますが封書は開封しない限り読まれる心配はありません。

https暗号化通信されていないアダルトサイトの危険性

さてここでアダルトサイトに入会し
動画をダウンロードしたりする際のシーンをイメージしてください。

有料アダルトサイトを利用する際には、決済フォームに個人情報を入力します。
しかしそのページがhttpsではなく、httpのままだったらどうなるでしょうか?

そうです、あなたのクレジットカード番号情報や
電話番号、住所、氏名と言った大切な個人情報は暗号化されていないので
悪意ある第三者に盗み取られると言った危険に晒されることになります。

具体的に、裏DVDなどの違法性の高いアングラ商品を取り扱う
Webサイトの決済フォームを調べてみて下さい。

非常にお粗末な決済フォームだと言うことがわかるはずです。
何故httpsではなく、httpのままなのかわかりますか?
それにはドメイン所有者への審査があるからなのです。

WebサイトにSSLを導入するにはドメイン所有者の確認
企業実在の有無・確認を行った後、審査の後にSSL証明書が発行されます。
その為違法性の高いものを取り扱う
裏DVD通販サイトなどにはSSL証明書が発行されません。

https暗号化通信された安全性の高いMGS無料会員登録ページ

言い換えれば決済フォームや無料会員登録ページがhttpsで表示されていたら
それは安全なアダルトサイトである証明になるわけです。
僕が紹介するMGS動画の無料会員登録ページや決済フォームを今一度お確かめください。
アダルトサイトは安心して安全に利用ができて初めて楽しめるものです。

MGS動画の無料会員登録ページが
httpsになっているか確かめるにはこちらをクリック

ワンクリック請求の解決をうたう相談センターに絶対電話をするな!

問い合わせで表示されている連絡先にメールや電話を絶対にしてはいけません。
ワンクリック請求の解決をうたう相談センターに絶対電話をするな!と言うことです
ワンクリック請求詐欺サイトに関して、あまり認識が無いとおっしゃるあなたは
まずはYahoo!知恵袋で『アダルトサイト』と検索して現状を把握してください。

如何に引っかかる人が多いのかがご理解いただけることと思います。
ワンクリック請求被害の届出件数や誘導の手口。
ブログやSNSを通じた新たな手口、ワナにかからないための予防策など
感染後の復旧方法等、ニュースの報道特集番組形式でキャスターが詳しく解説した
YouTube動画をご覧になってください。

ワンクリック請求の対処方法と消えない請求画面の削除の仕方

コメント

タイトルとURLをコピーしました